会社案内

COMPANY

会社案内

会社沿革

概要

わが社の歩みは、私たちの国の安心を支える歴史です。

わが社の歩みは、私たちの国の安心を支える歴史です。

1979(昭和54年3月)

3月15日、苫小牧東部工業地内に民間石油会社6社の出資により、会社設立。後に石油公団(旧)も出資。

1980(昭和55年5月)

5月8日、起工式を行い、備蓄基地の建設に着工。

1980(昭和55年5月)

1981(昭和56年11月)

半年の建設期間を経て、北海道事業所本館が完成。

1981(昭和56年11月)

1982(昭和57年7月)

7月5日、タンカー第1船「富士山丸」入港、オイルインをもって操業を開始。

1982(昭和57年7月)

1983(昭和58年10月)

第2期工事完成(原油タンク16基)計31基が完成。

1983(昭和58年10月)

1987(昭和62年12月)

苫小牧東部石油備蓄(株)第2工区の原油タンク16基の操業を受託、オイルイン開始。

1990(平成2年3月)

無災害延労働時間120万時間達成(第1種無災害記録達成)。6月26日、労働省労働基準局長賞を受賞。

1994(平成6年3月)

運転の効率化と安全性向上を図った運転管理システム、稼働開始。

(平成6年5月)

無災害延労働時間180万時間達成(第2種無災害記録達成)。

1994(平成6年5月)

1996(平成8年4月)

HOTPMキックオフを行う。TPM活動を本格的にスタート。

1996(平成8年4月)

1999(平成11年3月)

創立20周年を迎え「北海道石油共同備蓄(株)20周年社史」を発刊。

1999(平成11年3月)

(平成11年10月)

無災害延労働時間270万時間達成、第3種無災害記録達成。

(平成11年11月)

備蓄業界で初めてのTPM優秀賞第1類を受賞。

1999(平成11年11月)

2000(平成12年7月)

操業以来の無事故・無災害と安全管理を評価され北海道労働局長進歩賞を受賞

(平成12年12月)

環境マネジメントシステム「ISO14001」の認証を取得。

2002(平成14年11月)

TPM優秀継続賞第1類を受賞。

2004(平成16年4月)

無災害延労働時間340万時間達成(第4種無災害記録達成)厚生労働省基準局長賞を受賞。

(平成16年11月)

労働安全衛生マネジメントシステム「OHSAS18001」の認証を取得。

2005(平成17年7月)

北海道労働局長最優良賞を受賞

(平成17年12月)

TPM優秀継続賞第1類を連続受賞(2度目)

2006(平成18年8月)

「H18年度 北海道石油コンビナート等総合防災・国民保護共同訓練」を当事業所で実施(参加者約860名)

2006(平成18年8月)

2007(平成19年7月)

エネルギー管理優良工場等受賞 北海道事業所

(平成19年5月)

北海道地区広域共同防災協議会が発足。初代会長会社に当事業所が就任

(平成19年11月)

第一管区海上保安部長より灯台監視業務功績賞受賞

2008(平成20年1月)

無災害延労働時間400万時間達成

無災害延労働時間400万時間達成

(平成20年7月)

安全衛生に係る厚生労働大臣優良賞受賞

安全衛生に係る厚生労働大臣優良賞受賞

(平成20年11月)

TPM優秀継続賞受賞

TPM優秀継続賞受賞

(平成20年11月)

大容量泡放射システム配備

2008(平成20年11月)

2009(平成21年3月)

3月31日、創立30周年記念祝賀会

3月31日、創立30周年記念祝賀会
3月31日、創立30周年記念祝賀会

2010(平成22年7月)

7月22日、ニナルカの森完成

ニナルカの森完成

2011(平成23年3月)

3月11日、東日本大震災により備蓄重要性高まる

(平成23年12月)

12月1日、当社方桟橋にて日本初のLNG船のSTS(Ship to Ship)実施

2011(平成23年12月)

2012(平成24年7月)

消防車3台入替

(平成24年10月)

10月29日、排水処理設備竣工

2013(平成25年12月)

12月20日、展示コーナー”ゆのみ館”お披露目、事務所バリアフリー化工事完成

2013(平成25年12月)

2014(平成26年12月)

12月2日、VLCC対応シーバース増強工事竣工

2014(平成26年12月)

2015(平成27年7月)

7月19日、30万トン級タンカー(VLCC)着桟

2015(平成27年7月)

2017(平成29年3月)

原油タンク浮屋根監視及び防災支援システム設置

2019(平成31年3月)

3月15日、創立40周年